FISHMANのアコギ用ピックアップsonitoneのノイズが酷いのでピエゾを交換

広告

以前紹介したFISHMANのピックアップ、ソニトーンですが、格安中華製だからかわかりませんが「ブーン」というノイズがかなり気になるので今回はその対策をします。

結論から言いますと、ずばり、ピエゾを交換しちゃいます!

※今回はハンダを使います。

用意するもの

  • 交換用アンダーサドルピエゾ
  • ハンダに必要な一式
  • 根気

私が今回使用したアンダーサドルピエゾはこちら

これを選んだ理由はなんとなくL.R.Baggsのエレメントに似ているためです。

もともと付いていたピエゾより若干うす型なので弦高が変わります。問題があればサドルも作り直す必要があります。

作業開始

※交換後にこの記事を作成したためあまり画像がなくけっこうはしょります(_ _)

ピエゾはハンダ直付けなので外さなければいけません。金属のシールドを外せば作業はラクダと思いますが、面倒なので私はそのまま頑張って隙間からコテ先を入れて作業しました。

隙間があまりなく、作業がしにくいですが根気よくなんとか外しました。手前の結束バンドは丁寧に外して再利用しました。

作業が全て終わってしまってから写真を撮ったので…(*_*;

要するに、配線を剝いてハンダ付けします。

交換するだけなので作業はこんな感じです

まとめ

ノイズはだいぶなくなりました。L.R.Baggsのエレメントと遜色ないくらいにはなったと思います。(?)

ただピエゾの厚みが変わったことによる弦高の変化(低くなる)には気を付けた方が良いですね。私の場合は少し高めだったのでちょうどよくなりました。

また、製品の個体差もあるかもしれません。

今回の取り付け後に音出し確認をした段階で、6弦側の音をあまり拾ってくれなくて、そこは後々調整しようと思います。

あまり弦を張ったり緩めたりを繰り返すと切れてしまうので、調整は次の弦交換で…('Д')

でわでわ(^^)/

広告