ギターのチューナーが壊れたのでコルグのPitchHawk₋G2を購入

ギターやベースのチューニングに便利なクリップ式のチューナー【コルグのPitchHawk-G2】です。

いつも使っているチューナー【Cherub クリップ式チューナー WST-35】の電池蓋が壊れて蓋が閉まらなくなってしましました。

それでもナントカ使うことはできていましたが、そろそろ買い替えようと思っていた矢先、ハードオフのジャンクかごで見つけました!

コルグのPitchHawk-G2

中古で540円でした!

とりあえず電源が入ったことを確認したので購入!

本体の仕様…

  • カラーLCDで、高い視認性を獲得。
  • さらにスリムに。ブラッシュアップを施したデザインと操作性。
  • ギター/ベース専用モードを搭載、フラット/カポ設定。
  • コルグならではの高いチューナー精度と感度。
  • 高いホールド感と柔軟性を兼ね備えたクリップ構造。
  • ビギナーに最適な1弦巻き過ぎ警告機能。
  • キャリブレーション、オート・パワー・オフ、メモリー・バック・アップ機能。

一応ジャンクですが状態もけっこうきれいで、画面のフィルムがまだ剥がされておらず

前の持ち主はあまり使わなかったのだろうか…(;^ω^)

液晶比較

表示はカラーできれいです!

そして見やすい!

今まで使っていたCherubのクリップ式チューナーはこんな感じ…

こちらはバックライトのせいなのか、液晶の表示していない部分まで浮き出て見えて、少し見にくいです(;^ω^)

チューニングの比較

両者、少し違いがあるようです…(;^ω^)

そしてCherubの方は『スッ!』っと針が合うのに対し、コルグの方は少しふらふら気味です(;^ω^)

ちょっと荒業ですが…

iPhoneに挟んで、アプリのチューナーで音を出して比べてみます。

Aの音を出していますが、Cherubはピッタリ!(*'▽')

コルグのほうは…少し低い音だと思っているようです…(;^ω^)

……??コルグさん??(;^ω^)

大丈夫かな…(;^ω^)

でも音がある程度高くなれば合いやすくなるようです(^^)

しばらくはこちらを使うことになりますが、まぁ、この誤差は…許容範囲でしょうか。

まとめ

本体裏にスイッチ類があります。

カポを付けた時のチューニングにも対応しています。

使用する電池は定番のボタン電池CR2032

クリップの挟む部分が可動式になっており、ギターのヘッドの厚さ違いにも対応しています。

これは便利ですね(^^)

問題は、ある程度騒音のあるところでどれだけ環境音に惑わされずにチューニングができるか。ということ。

ライブなんかではけっこう大事な問題です。(=゚ω゚)ノ

でわでわ(^^)/

広告