テイラーギターにデュラセル以外の9Vバッテリーが使えるようになった!

どーも!省吾です!(^^)!

テイラーギターのバッテリーホルダーの規格が変わったということで取り寄せました!

前にも紹介しましたが、デュラセル製9Vバッテリーのサイズが変更されたとのこと。

それに伴ってテイラーギターのエレアコモデルのバッテリーホルダーのサイズも変更されました。

今後出回ってくると思われる大きめのサイズのデュラセル9Vバッテリーに対応せねば…(=゚ω゚)ノ

ということでイケベ楽器のオンラインサイトで2000円ちょっと(送料・代引き手数料込み)で購入。

説明書きも同封。

つまり、デュラセルの9Vバッテリーの規格が変わったみたいだから、これが新しいバッテリーホルダーだよ!今まで使っていたバッテリーホルダーに大きいデュラセル入れると壊れるかもしれないから気を付けてね!

といった内容(=゚ω゚)ノ

新しいテイラーギターにはこの新規格対応の新しいバッテリーホルダーが搭載されているらしい…

詳しくは自分のギターにきいてみてね!(*´з`)

テイラー バッテリーホルダーの新旧比較

こうやって並べると新型の方はやはり少し長い。

そして黒い固めのスポンジのようなスペーサーが付いています。

従来のバッテリーホルダーはデュラセル専用と言っていいピッタリサイズ。他メーカーの9Vバッテリーのほとんどは使えません…

そしてこちらが新型バッテリーホルダー!

少し長くなりました! ちなみに横幅は変わりません。。

横から…

バッテリーの端子がうまく外に出ます。

長くなった分、スペースができます。

そしてホルダーの下に敷かれているスペーサーによってバッテリーが少し浮く現象が…

でも使用には問題ないようです!

ギター側はバネでバッテリーの端子と接触しているのでホルダーが少し長くなっても影響はありません。

電池の向きに注意

ただし、今まではバッテリーのサイズピッタリだったので プラスとマイナスの向きを間違えることはありませんでした。

↑プラスとマイナスが逆だとバッテリーホルダーに収まりません。。

それが新型は長くなった分、隙間ができるので…

逆でも入ってしまいます(゜゜)

そして そのままギターに装着できてしまいます。。

気が付かずにそのまま使用するとプリアンプを壊してしまうかもしれないので注意が必要です!

ちなみにバッテリーホルダーの内側に極性が書かれています。 急いでいるときのバッテリー交換はくれぐれもご注意を!!!

まとめ

サイズが長くなった分、 おおきなメリットができました!

タイトル通りですが、なんと今まで使えなかった他メーカーの9Vバッテリーも使えるようになりました!

旧型は入りませんね…(;^ω^)

新型は入ります!

シールドを繋いでプリアンプの電源が入ることを確認。

これはかなり大きなメリットではないでしょうか!?

実際に音を出していないのでデュラセルとの違いは判りませんが、 突然バッテリーの交換を迫られたときに対応しやすいですね!(^^)!

そもそもデュラセルはおもに楽器店などでしか見かけません。
一般的な9V電池なら、一部のコンビニ、スーパー、100均などで購入できて圧倒的に入手しやすいです。

でわでわ(^^)/

広告